イス張り技能士の事務所 みのり家具

ソファやダイニングチェアの張替え・修理はみのり家具へ

家具のあれこれ

ダイニングセットの最適なサイズの選び方

ダイニングセットの最適なサイズ

お客様からの依頼でダイニングセットを購入したのですがたまにサイズが合わなくて脚をカットして欲しいと御依頼があります。

ダイニングセットは現在の日本の家庭には無くてはならない家具になっています。
ダイニングセットを選ぶ基準で初めに見た目だけで判断されて購入されている方が多いのでは。
見た目も重要ですが実際に座って適正なサイズを選んで購入されている方は何%なのか?
なぜ?初めに選ぶ基準としていないのか疑問に思うことがあります。
国産のメーカーですと平均値を出して製作しているのですが欧米の家具(見た目が良い)はその国のサイズに合わせて作ってますので日本人には合わない様なサイズ仕様になっています。

国産ダイニングセット平均サイズ(参考)
(ダイニングテーブル高さ70cm ダイニングチェアの座高は43cm)

サイズ、特に差尺(テーブル高さ~イス座高の間のサイズ)最適な差尺=(身長×0.55)÷3-2cm
例えば身長が158cmの場合、座高は158×0.55=86.9cmです。
ですので86.9÷3-2=27cm(四捨五入)が適正な差尺になります。
一般的に差尺は27cm~30cm程度がいいと言われていますがこれは目安に過ぎません。
まずは座りやすい座高の椅子を基準にし、→その座高に最適な差尺を足して→テーブルの高さを出すというのが正しい順序になります。
座りやすい椅子の高さというのは「深く腰掛けて踵が完全に着く高さ」また「座前に握りコブシ一つ分が太腿の下に入る隙間がある奥行き」が目安になります。

ダイニングセットは一度買えば長らく使うものですから購入してからサイズが合わなかったら無理して何年も使うことになりがちですので一度、当店にご相談下さい。

  • ダイニングセットの最適なサイズ
  • ダイニングセットの最適なサイズ
  • ダイニングセットの最適なサイズ
  • ダイニングセットの最適なサイズ
  • ダイニングセットの最適なサイズ
  • ダイニングセットの最適なサイズ
  • ダイニングセットの最適なサイズ
  • ダイニングセットの最適なサイズ

クッションの硬さについて

クッションの硬さについて

日本のいす張り職人に求められる条件には材料(良いクッション材)と品質(仕上がりの良さ)が求められます。低価格な製品と差別化を図るならば高い技術力と最適な素材の違いで高付加価値を生み出すことの特色を出すべきです。

椅子の張替でもっと丈夫な張地で長持ちさせたいとの要望を聞きます。
張地の丈夫さも大事ですしかし安価なクッション材が使われている椅子はウレタンから弾力を失ってヘタリ、風化して粉状になりますので、そのまま座り続けると、次は張地も痛み長持ちしません。

お客様で椅子のクッション材を低反発ウレタンを入れ変えて座りごごちを良くしたいと希望される方がいます。確かにベッドマッドでは身体全体を支えるので寝ごごちが良いですが椅子の場合は違います 低反発は一度沈み込むと復元するまでに時間がかかります。
また気温の変化により硬くなったり柔らかくなりますので安定しません。また沈み込んだら体圧を、お尻全体で受ける事になりますので逆に長時間は疲れます。

高密度で高弾性のあるクッション材ですとヘタリにくく長持ちします。それは長時間の使用でも体圧を吸収・分散してくれるから疲れにくく座った直後の快適さを保ちます。

椅子の最適なクッション材とは、坐骨の突き出ている点を弾力性で支えることが大切です。
それにより体圧を吸収・分散してくれるので長時間でも痛くなりにくくなります。
高齢者が硬いクッションのほうが楽だと言うのは柔らかいクッションだと腰痛の原因になるからです。

当店では高密度クッション材を使い座りごごちが良い椅子・ソファーをお客様に提供することを心がけて行きます。
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ
  • クッションの硬さ

パールトーン加工について

効果・耐久性はどれくらいですか?
椅子の生地としてお使いいただく場合、使用頻度 ・ 環境条件等、想定されるケースは様々であり、具体的な耐久年数を提示することができません。しかし、汚れが付きにくく汚れが付いても取れやすいという機能が特徴となります。また、参考データとしまして、当社生地 「NURSE」シリーズが摩擦撥水試験で最高ランクの5級※1をクリアしました。従来の撥水加工は3級で、当社での従来の撥水加工より高い耐久性があります。
※1. JIS LI092スプレー試験:摩擦 1000回処理後5級取得(5級>4級>3級>2級>1級)
椅子(完成品)自体や椅子カバーに後からパールトーン加工はできますか?
また、効果が落ちた場合、再加工は可能ですか?
椅子(完成品)自体に加工することはできません。椅子カバー (脱着した状態)であれば後加工が可能です。ただし、生地の加工と違いカバーをそのまま加工しますので、料金、納期、条件等が異なります。
必ず事前にお問い合わせください。加工できないカバーもありますのでご了承ください。
ペットの尿にも効果がありますか?
効果はあります。ただし、できるだけ早く拭き取ってください。尿が生地の隙間などから中のウレタンに染み込むと臭いが取れにくくなります。また、放置すると汚れ、臭いが生地にも残る場合があります。ペットは同じ場所で繰り返し尿をする傾向にありますので、特に早めのお手入れをお勧めします。
効果がない液体・汚れはありますか?
血液・消毒用アルコ ール ・毛染め液には効果がありませんのでご注意ください。また、赤ワイン・オレンジジュースなどの果汁を使った液体は、初期の効果はありますがそのまま放置されますと汚れや色素が固定化し、生地が染まる場合がありますのでご注意ください。その他、粘度の高いものや、全体的な手垢などを完全に防止することはできません。
防炎加工の生地にパールトーン加工を施すと、防炎効果は落ちますか?
一部の生地を除き、防炎効果はなくなります。特に後防炎加工を施した生地にパールトーン加工を施すと、防炎効果とともに撥水・ 防汚効果も弱まり、生地自体の防炎認定が不可になります。ただし、当社防炎認定の椅子生地「SAFETY」シリーズと「ROOTS」シリーズは、パールトーン加工後でも防災製品+撥水・防汚加工の両方で認定を取得できました。これにより、安心と安全の2つの機能が可能となりました。詳しくは当社までお問い合わせください。
有害物質は含まれていますか?
ホルムアルデヒドなどの有害物質は一切含まれておりません。また、パッチテストにも合格しておりますので、安全にお使いいただけます。
パールトーン加工ができない生地はありますか?
次の生地は加工ができませんのでご注意ください。
・幅が1.6mを超える生地
・スエード調の人工皮革(ただし、10m以内であれば可能)
・ベルベット、別珍調の生地は一部加工ができない商品もあります。
・生地に不織布やフィルム等が接着されている一部商品
詳しくは、当社までお問い合わせください。
防カビ効果はありますか?
パールトーンHG加工を施しますと、カビ抵抗性3級※2の効果があります。ただし、使用方法によってはカビが発生する場合があります。
※2. JIS Z-2911カビ抵抗性試験3級取得(3級>2級>1級)

〒562-0024 大阪府箕面市粟生新家1-3-2
フリーダイヤル:0120-29-2164

Tel:072-729-2164/Fax:072-729-2545
営業時間/8:30~17:30